サイン本を読みました

六本木騎士ストーリーを読みました。

興味深く読めました。

六本木騎士ストーリー

弘兼憲史 / 著

欲望うごめく夜の街を真っ向勝負で昇りつめた男のドラマチック半生! 弘兼憲史がマンガで書き下ろす、夜の世界を成り上がった男の経営哲学。

女優の卵が在籍するクラブとして高い人気を誇る「クラブチック」。オーナーの守川敏氏は、現在ナイトクラブの事業とともに、ワイン事業でも名を馳せる。度重なるライバル店からの嫌がらせ、反社会勢力からの暴力、スポンサーからの裏切りが相次ぐ六本木の地で、なぜ彼はまっとうに這い上がることができたのか。「島耕作」の著者、弘兼憲史がその生き方に共鳴するという”六本木王”の経営哲学をマンガで書き下ろす。

幻冬舎 書籍詳細より(https://www.gentosha.co.jp/book/b13677.html)

(荻野 正之介)

Let's share this post!
TOC
閉じる