新たなサイバーセキュリティ戦略が閣議決定されました「Cybersecurity for All」 〜誰も取り残さないサイバーセキュリティ〜(ヒロ田中のお知らせです!)

2021年9月28日の閣議で今後3年間のサイバーセキュリティに関する指針を示した
サイバーセキュリティ戦略が決定しました。

「Cybersecurity for All」
〜誰も取り残さないサイバーセキュリティ〜

  • DXとサイバーセキュリティの同時推進
  • 安全保障の観点からの取組強化
  • 公共空間化と相互連関・連鎖が進展するサイバー空間全体を俯瞰した安全・安⼼の確保

今後、サイバー空間とは繋がりのなかった主体も含め、あらゆる主体がサイバー空間に参画することとなる中で、デジタル化の動きと呼応し「誰一人取り残さない」サイバーセキュリティの確保に向けた取組を進める必要がある。

サイバーセキュリティ戦略 https://www.nisc.go.jp/active/kihon/pdf/cs-senryaku2021.pdf
(出典)サイバーセキュリティ戦略の概要-内閣サイバーセキュリティセンター

そして、2021年9月1日に発足したデジタル庁をデジタル社会の形成に向けた司令塔としてデジタル改⾰を推進ともしています。

ヒロ田中

関係者の皆様、興味がある方は以下をご覧ください。

内閣府サイバーセキュリティセンター
https://www.nisc.go.jp/index.html

Let's share this post!
目次
閉じる