狭山市 小谷野市長にご来訪いただきました。ありがとうございました!!

 こんにちは!このたび狭山市の小谷野市長が(株)ランシステムの本社(埼玉県狭山市)にご来訪いただきました。コロナの感染者数は減少傾向にあるとはいえ、写真撮影以外はマスク着用での会話となりました。小谷野市長は、市長に就任以来、市内の企業訪問を続けていたそうです。しかし、感染症拡大とともに会社訪問も中断せざるを得なく、しばらくの間中止していたそうです。10月24日をもって埼玉県における段階的緩和措置が解除され、最初の1社目としてランシステムにご来訪いただきました。なお、狭山市長ご来訪 歓迎のパネルとフラワーアレンジメントのお花は弊社従業員の手作りです。

目次

狭山市とランシステムの関係

 小谷野市長との対談の最初の話題は、ランシステムの創業までさかのぼる話となりました。なんと小谷野市長は、ランシステムの創業者の自宅近くに住んでいたそうで、ランシステムの事をよくご存じでした。狭山市で創業し上場までした企業はランシステムだけだそうです。

 それから専務の笠間、購買外販部部長の滝川にシステム外販部の私が加わり、ファミコンショップ 桃太郎、ゲームセンター 桃太郎、ビリヤードクラブ チャンピオン、そしてスペースクリエイト自遊空間で一気に全国規模のビジネスに発展していった話で盛り上がり、近年始めたアミューズメントカジノ ジクーや飲食事業、そして子会社のランウェルネスの放課後等デイサービス「ハッピーキッズスペースみんと」とポートフォリオを広げてきた話で34年を振り返りました。創業から34年間この埼玉県狭山市に本社を置き、今でも株主総会は狭山市市民会館を利用し、これまで多くの狭山市民に支えられ、また狭山市内の多くの企業の協力があり、会社が成長してこられたことへの感謝を小谷野市長に報告させていただきました。

外販事業の取り組み

 ランシステムが運営するさまざまな店舗ビジネスの裏側を支えてきた購買部門とシステム部門を外販事業化し、他の企業まで支えられる力を目指し約10年間取り組んできました。滝川が率いる「購買外販部」と私が率いる「システム外販部」では、商品の調達から店舗運営に不可欠な物流やコスト削減、システム開発、構築、運用までワンストップで対応できるよう日々努めてまいりました。

狭山市への恩返しの気持ち

 「ニューノーマルな社会生活をより良いものにしたい」という想いで作り出した新製品「RE:BOX」をいち早く狭山市民に使ってほしいと考え、狭山市ビジネスサポートセンター(Saya Biz)の小林センター長に相談し、狭山市産業労働センターへの設置が決まりました。現在準備中で11月中には利用を開始できるよう準備を進めています。

どこにでも設置できるテレワークブース『RE:BOX』

 唐突に「RE:BOX」という商品名を出してしまいましたが、10月12日に発売開始を発表したテレワークブースです。特徴は3つあり、一つ目の特徴は、キャスターがついており、設置後でも簡単に移動可能です。二つ目の特徴は、組み立て式なので搬入・搬出が簡単に行えます。三つ目の特徴は、働き方改革につながります。様々な場所に「RE:BOX」を設置してもらえることで、場所にとらわれない新しい働き方をニューノーマル時代に提案します。

無人化システム

 また、ニューノーマルな社会に必要な要素として、労働人口減少に伴う業務の効率化、DX(デジタルトランスフォーメーション)が注目されています。コロナ禍で一般化しつつある非対面接客もその一つで、自遊空間ではコロナ禍になる前の2018年から店舗の無人化運用に取り組み、既に3年の実績を積んでおります。無人化といっても100%無人で運営するわけではなく、テクノロジーを活用し可能な限り人間が行う業務を少なくするというものです。自遊空間の一部店舗では、非対面での入会手続き、入場手続き(チェックイン)、店内コンテンツ利用手続き、精算手続き(チェックアウト)などのセルフ化を実現し、完全無人化時間帯を設け運営しています。その他にも安心・安全を強化するため、新型防犯カメラの設置、警備会社の駆けつけ対応、そして24時間365日体制のサービスセンターを立ち上げ、専門スタッフが遠隔接客できる体制まで組んでいます。

ネットワーク・セキュリティ

 また、それらのシステムインフラを支える、ネットワーク構築も自社で行い、現在では全国に500店舗以上展開する企業や、医療機関のネットワーク構築及び運用までシステム外販部で賄っています。また、サイバーセキュリティ分野の取り組みも行っており、数多くの賞を受賞しております。コロナ前ではありますが、海外への視察も数多く行い幅広い視野でイノベーションを起こす企業を目指しています。

人を豊かに、地域を豊かに、社会を豊かに

 ランシステムの経営理念「人を豊かに、地域を豊かに、社会を豊かに」に基づき、次世代を担う子供たちに向けた活動として、PTA活動への積極参加、地域防災パトロール、子ども食堂への協力など様々な側面で地域、社会とともに成長できる企業を目指しております。

以上、株式会社ランシステムの取り組みについて、小谷野市長とお話させていただきました。

Let's share this post!
目次
閉じる