ヤマハネットワーク機器

ヤマハのネットワーク機器はその製品性能や耐久性が高い評価を受け、多くのお客様に支持されています。特にルーターは右の表にある通り、出荷台数においては規模総合で1位になりました。特に近年はテレワークが普及してきており、VPN接続に強いヤマハのルーターが出荷台数シェアにおいてさらにシェアを伸ばしています。また、2020年7月のIDC Japanの発表によると、ヤマハネットワーク機器がSOHO市場で16年連続で1位になり、累計で400万台の出荷を実現しています。

当社もヤマハルーターを同様に評価し、当社のRUN-VPNマネージドサービスにも標準的に活用しています。当社には自遊空間を運営してきたネットワーク運営のノウハウがあり、そのノウハウをサービス化しています。お客様からのご評価の最も高いサービスの一つになっております。(当社のテレワークソリューションについてはこちらをご覧ください)ヤマハネットワーク機器は省スペースでハイパフォーマンスで耐久性が高いため、私どもシステム外販部が得意とする店舗システムでもよく活用しています。

当社システム外販部は2020年より開始されたヤマハネットワーク機器検定試験「Y検」を支援するべく、協賛会社として参加しました。また社内及びパートナー企業のエンジニアの方にも「Y検」の取得を推進し、技術力の強化に努めます。「Y検」を主宰する一般社団法人日本ネットワーク技術者協会 代表理事 吉政忠志氏より「店舗のネットワークおよび周辺環境は必ずしも万全ではなく、ハードウェアにとって過酷な環境もあります。そのようなタフな環境でのネットワーク構築に定評のあるランシステム社にご支援いただき、感謝しています。」とお言葉を頂きました。

ヤマハネットワーク機器の活用例

ヤマハネットワーク機器は以下のような活用をされることが多く、当社が得意な構築でもあります。

  • 店舗や小規模拠点網をVPN接続する
  • 店舗や拠点内のネットワーク
  • ハードウェアにとって比較的タフな設置場所でのネットワーク接続
  • その他、テレワーク用のネットワーク全般

当社のヤマハ事例

学校法人 麻生塾 麻生専門学校グループ
スペースクリエイト「自遊空間」