サイバーテレワークソリューション

Run-CyberTelework

近日発表予定です。

Run-VPN

VPN(Virtual Private Network)の構築は、拠点(店舗、支社)間に専用線を設けるのと同じ効果を発揮します。双方向で遠方の端末を操作することや、通信フィルタをかけることも可能です。リモートアクセスソリューション「Run-VPN RemoteAccess」についてはこちらをご覧ください。

ヤマハネットワーク機器を活用したご提案

ヤマハのネットワーク機器はその製品性能や耐久性が高い評価を受け、多くのお客様に支持されています。(全企業規模 出荷台数1位(2019年)、SOHO市場16年連続出荷台数1位(2020年))当社もヤマハルーターを同様に評価し、当社のRUN-VPNマネージドサービスにも標準的に活用しています。当社のヤマハネットワーク機器のソリューション及び活用実績はこちらをご覧ください。

ConnectWise Control アクセス サービス

テレワークを許可する従業員の社内パソコンにエージェントをインストールし、認証情報を登録します。専用のwebサイトにアクセスし認証を済ませると遠隔地から社内パソコンの画面、マウス/キーボードの操作が可能となります。通信は暗号化されており、多要素認証にも対応したセキュアなシンクライアントのようなソリューションです。詳細はこちらをご覧ください。

セキュリティ提案

ウイルス検知率において高い評価を得ているエフセキュア社とパートナー契約を締結し、アンチウイルス製品を販売しています。幅広いプラットフォームに対応し、ご要望に合わせたセキュリティ提案を行うことで、お客さまの環境にマッチしたアンチウイルス氏絵品をご提供します。エフセキュア製品の中でもSaaS型アンチウイルスソリューションのプロテクションサービスビジネス(F-Secure Protection Service for Business、以下、PSB)を中心に中小中堅企業向けに提案をしております。PSBは管理サーバなどが不要で導入や管理が非常に容易な上に業界最高水準のテクノロジでクライアント環境のセキュリティを担保することができます。

F-Secure Protection Service for Businessのページへ
F-Secure Cloud Protection for Salesforceのページへ