災害時でも電話もデータ通信も行える閉域LTE網(ヤマハソリューション)を公開しました。

日本全国に今もなお爪痕を残す大規模災害ですが、関東においては今後30年以内に首都圏直下型の地震がかなりの確率で起こるという調査データもあり、歴史を振り返っても大規模地震は必ず日本のどこかで今後も起こると考えられています。企業においてはBCPとBCMの両方を計画し、定期的に予行練習をすることが求められています。しかしながらどんなに予行練習をしても、どうにもならないと考えられていたのがネットワークになります。

多くの方が記憶していると思うのですが、災害時に電話をすると「現在、回線が大変混み合っております。暫く経ってから、お掛け直し下さい。」というアナウンスが流れることがありますよね。災害時であれば、致し方ないと考えます。しかしながら企業活動の継続を考えた場合、拠点間、社用車の間などではヤマハのルーターを活用した閉域LTE網を構築し災害時でも通信を行えた実績があります。

この閉域LTE網は過去の大規模災害時でも輻輳を起こしたことがなく、今後の災害時も確証はないにしろ閉域LTE網を活用できる可能性はかなり高いと考えています。そこで、このページではヤマハルーターを活用した閉域LTE網についてご紹介いたします。
(この続きは以下をご覧ください)
https://cyber-telework.jp/bcp_lte

Let's share this post!
TOC
閉じる