「うまい、やすい、はやい」の真骨頂。牛丼チェーン店の進化が早い。

こんにちは。ランシステムの荻野です。今回は私のコラム第二回目です。

牛丼チェーン店といえば、動線の無駄をなくしたコの字カウンターですが、近頃はセルフサービス方式に改装していますね。しかも店休せずに短時間での改装です。

昨年 2 月から全国に影響を及ぼし始めた新型コロナウイルスは飲食・旅行・サービス・娯楽市場を中心に、経済的にも大幅な影響を与え続けています。
また、5 月 25 日現在では10 都道府県に緊急事態宣言が発令されている状況にあることから、先の見通しが立たない状況となっています。
ようやく日本でもワクチンの接種が始まり 65 歳以上は7月末接種完了の見通し、9 月には全国民へ接種できる環境が整いつつあるとの明るい報道も出てきています。

新型コロナウイルスの影響下で、店舗の感染症対策の実施状況は利用者の店選びの重要な要素となっています。

弊社が運営している自遊空間は26年以上前から、顧客に合わせて自社にてシステムソリューションを行なって来ました。

  • 会員管理
  • ネットワーク管理
  • 勤怠管理
  • 入会管理
  • 店舗運営管理
  • 入場管理
  • 飲食注文管理
  • 経理管理
  • 生産管理
  • 顧客分析管理
  • 接客管理

導入ご検討の方はサイバーテレワークソリューションのページより、お気軽にお問い合わせ下さい。

非対面で入店ができます
お会計もセルフ精算
座席の移動やシャワー利用、途中外出もセルフ
Let's share this post!
TOC
閉じる