WatchGuard Firebox UTM

サイバー攻撃はお客様の知名度や規模に関係なく、無作為且つ全方位的に行われます。有名ではない企業だからといって攻撃されないなんて言うことは全くありません。しかも、攻撃手段は多方向から随時行われており、脆弱な部分が突破され、情報漏洩につながっています。全方位的なサイバー攻撃にはUTMがやはり有効です。UTMはあらゆる攻撃手法に対応した、様々な防御手段を統合的にパッケージ化したソリューションです。この一台でかなりの範囲のサイバー攻撃に対応できます。ランシステムが推奨するFirebox UTMは企業規模や組織内の技術的な専門知識レベルにかかわらず、すべての組織に世界最高峰のセキュリティを提供できます。Firebox UTM多くの実績と数々のアワードを受賞したウォッチガードの統合脅威管理(UTM)アプライアンスです。金額が安価なことこともあり、中堅中小企業、大企業の各拠点でも導入できる、ハイパフォーマンスなUTMです。Firebox UTMは多層防御による最強のセキュリティを提供するだけでなく、容易な導入、利用、高い管理性を提供します。

Firebox UTMご利用者の声

「標的型攻撃対策製品を開発するLastlineのサンドボックス機能と連係するWatchGuard APT Blockerを優れたコストパフォーマンスで採用しました。同様の性能を備えた競合他社の製品と比べて安価で、しかも標準機能のライセンスで冗長化構成(アクティブ/スタンバイ)を取ることができました。」

「セキュリティというものは目に見えません。漠然と『こんなリスクがあって、これくらいの被害が生じます』と説明しても上層部に理解してもらうのはなかなか難しかったのですが、評価運用後に提供されたWatch­Guard Dimension によるレポートを見れば、病院にどれほど多くの攻撃や不審なメールが来ているかが一目瞭然で、今現在どのような状況にあるのか理解してもらう大きな材料になりました」

「短い期間でこれだけの攻撃があると数字で示せたことで、その後のセキュリティ投資への説明に苦労せずにすむようになりました」と付け加えた。レポート機能の分かりやすさもポイントの1つで、「脅威分析がスピーディで、しかも専門的過ぎない説明のため、とても分かりやすいため、そのままグループウェアに張り付けて院内の注意喚起などに活用しています」

Firebox UTMラインアップ

全てのモデルで標的型攻撃対策機能を実装しています。

Firebox UTM概要

専門ベンダーの高セキュリティ機能により多層防御を統合し、一元的的に利用できます。

Firebox UTMハイライト

将来の新しい脅威へのセキュリティ機能を実装しやすい

  • ASIC非搭載、モジュール型のセキュリティエンジン搭載
    • ASIC搭載の場合:ASIC/アプライアンスの作り直しが必要になり、結果として追加機能の実装が遅れる
  • 将来のサイバー脅威に対して、対応機能を迅速に追加実装できる。
    • セキュリティ安心感、信頼感
    • ファームver.upで対応でき、アプライアンス買い直しは不要

高速なUTMスループット

  • ファイアウォール機能、セキュリティ機能ともにソフトウェア処理。
    • 業界標準のプラットフォームとFireware OSアーキテクチャを採用
    • CPUの進化(インテル)、ファームウェア最適化を実現
    • レピュテーションセキュリティ活用によるUTM負荷の軽減を実現
    • カタログやデータシートに全てのモデルのUTMスループットを明記しているので、 目安となりサイジングしやすく、最適なモデルを選択しやすい
  • 他社UTMの場合は以下のケースが多いです。
    • ファイアウォール機能はハードウェア処理(ASIC)、セキュリティ機能はソフトウェア処理になっているケースが多いです。
    • UTMとして動作させると、並列/多段処理となりパフォーマンスが著しく悪化する傾向があります。

業界No.1の標的型攻撃対策を実装

業界No.1のLastline社のクラウドサンドボックスを利用しています。Lastlineの次世代型クラウドサンドボックスは、マルウェア検知精度が業界トップです。官公庁や大規模企業で採用されている製品です。なお、Lastline製品を個別に購入する場合、ユーザアカウント数ベースのライセンス体系(WEB&メールアカウント数)となり高額になるケースがあります。WatchGuardはLastline社の一部機能を活用し、標的型攻撃対策機能APT Blockerとして実装しています。APT Blockerライセンスはボックス課金。ユーザ数やメールアカウント数に依存せず、Fireboxモデル別にライセンスが用意されていますので、お得にLastlineを活用することができます。

エンドポイントセキュリティにも対応(内部対策)

ログ&レポートツールを無償提供

  • ログ&レポートツールは無償でダウンロードしてご利用可能です。(※仮想サーバーが必要)
  • 標準で100種類以上のレポートテンプレートが付属。社内ネットワークの見える化に貢献
  • 他社UTMの場合
    • ログ&レポートツールを利用するためには追加オプションの購入が必要。
    • ログだけで、ネットワークやセキュリティの状態を把握するのは至難の業。

ウォッチガードの可視化ツール 【Dimension】

UTM製品は多機能なため、ログが沢山出てきます。ログだけでネットワークやセキュリティの状態を管理するため、可視化するのは大変な労力がかかります。Dimensionは、ネットワーク、セキュリティのログを元に、人の目で極力わかりやすく現状を可視化するためのツールです。Dimensionは無償でダウンロードして使うことができます。対応プラットフォームは、VMware、MS Hyper-Vです。(他社はログ/レポートツールは有償のことが多いです)

HA構成時の圧倒的コストパフォーマンス

HA構成(冗長化)の場合、2台目が約半額の金額設定になっています。

ご利用までの流れ

STEP1:下段のフォームにてお問い合わせください。
※原則フォームよりお問合せお願いします。
電話の場合、時間帯等によて、お受けできない場合があります。
電話:04-2968-7346 担当:黒澤

STEP2:申し込み
申込書及び所定の書類を作成頂き、ご提出いただきます。

STEP3:利用開始
利用開始に伴う書類を発行いたします。書類に記載してあるアカウント情報でログインしご利用開始ください。

■お問い合わせ

以下よりお問い合わせください。










    個人情報の取扱いについて同意する
    ランシステムの個人情報の取り扱いはこちらをご覧ください。